毛バリの画像 東京鮎毛バリ釣り研究会

活動状況

2022年度活動計画

 3月27日に役員会を開催しました。本年度もコロナウィルスの影響で会としての活動を中止することとなりました。役員会の議事録を会員あてに4月6日に送付し、4月14日までに会員からの異議なく、承認となりました。
本年度も、新型コロナウィルスの感染を避けるため、集会や会としての釣行活動は全て休止します。
本年度は、会員の個別釣行の情報発信などを中心に会員間の情報共有を行います。
早く、新型コロナウィルスの感染が終息することを願ってやみません。
皆様におかれましても、感染されませんよう祈念しております。

特別活動:東京新聞から鮎毛バリ釣りの取材を受けました。(6/26発行の東京新聞に掲載)

活動計画

項番開催日行事名実施場所備考
1                                       
2
3
4
5
7
6
8
9
10

2022年度の活動テーマ(前年のテーマを引き継ぎますが、休止中とします)
(1)釣行会と集会のバランスを考え、会員をまんべんなくフォロー出来る行事予定に。(釣行会6回)(集会7回)
(2)毛バリ釣りの楽しさをホームページでアピールしていく。ホームページ記事、毛鉤ミステリーブログ。
(3)毛バリ釣りの釣れる理由の根拠の探求(仮説の立案など)。
  各メーカーごとの推奨鉤、各河川ごとの傾向(ラメの色、羽根の種類、色系統など)の情報収集含む。

活動履歴:2021年度 2020年度 2019年度 2018年度 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度 2012年度 2011年度 
 会の行事とは別に、会員相互のグループ釣行や個人釣行の形で解禁期間の間、 毎週のように、
福島県、静岡県、神奈川県、富山県等の河川にて釣行が実施され、 釣果報告をおこなっています。